エツキサイ北トーチカ2  North Etsukisai Pillbox 2

↑ 海食崖に露出したエツキサイ北トーチカ2
 2012年7月に撮影したもの。この時点では銃眼や背面出入口は地中に埋まっていて確認できなかった。Google Earthの空中写真で確認すると、2014年10月5日以降2016年9月26日までの期間に落下したようだ。
↑ 上の写真とほぼ同じアングルで撮影したエツキサイ北トーチカ2
 2018年8月に撮影。いつかは、このような光景になると思っていたが、わずか数年でこうなるとは・・・。海岸浸食のペースが速すぎるように感じる。奥の崖上に見えるエツキサイ北トーチカ3も足元がかなりけずられているので、数年以内に落下しそうだ。
↑ 銃眼
↑ 落下前(2012年7月撮影)のトーチカ
 左側の背面出入口付近に丸太の構造物が露出していた。近くの塹壕(交通壕)へ接続するための地下道があったものと考えられる。右側の銃眼部分は地中に埋もれていた。手前に見える壁面の下部には小さな開口部があった。
↑ 背面出入口
 このトーチカのように斜めになって想定外の負荷がかかっている場合、無筋コンクリートだと崩壊する恐れがある。当サイトではトーチカの内部写真も紹介するが、現時点では、中に入ることはお勧めしない。そのうち、浸食が進んで水平になるかもしれない。
(勇払平野の鵡川河口トーチカ1や、根室半島の落石トーチカ1のように、実際に崩壊した例があるのでご注意願いたい。)
↑ 背面出入口から見たトーチカの内部
 出入口付近には、約半分の高さまで土砂がたまっている。正面の障壁を右側から迂回すると銃座がある。
↑ 銃座
 窓のように見えるのが銃眼。天井には換気口がある。また、この写真には写っていないが、右側の壁には用途が排水口なのかわからないが、小さな開口部がある。
↑ トーチカの内部
 左側に見えるのが銃眼。上部に見えるのが換気口。右側の障壁の裏側に出入口がある。
↑ 背面出入口から見た南南西の海岸
 160m先の崖上にエツキサイ北トーチカ3が見える。
 
■地図                                        ▼ クリックで開閉 ▲
 道道1037号線を豊似川にかかるレインボー大橋から北へ1,200mほど進み、右折して砂利道を750mほど直進すると崖があり、そこにエツキサイ北トーチカ3が残っている。崖の手前で駐車し、徒歩で右側の坂道から砂浜に下りると複数のトーチカがゴロゴロと転がっている。エツキサイ北トーチカ2はその中の一つで、エツキサイ北トーチカ3から北北東に160m進んだ崖下に転がっている。
■更新履歴・外部リンク                ▼ クリックで開閉 ▲
■更新履歴
  2015年1月5日 公開 ⇒ 2018年9月2日 リニューアル
■外部リンク
  大海原漂流記(エツキサイトーチカ群)